地形•街•歴史•三角点の時空探索

台地、川、暗渠、鉄道などの街、歴史、地形を感じながら

三陸海岸を行く その1

三陸海岸の旅です。

復興がどのような状況になっているかを見たくて、

そして、三陸の自然の魅力を感じるために行ってきました。

『Go To トラベル』を使ってですが(笑)

 

自転車で海岸沿いを走ろうと計画しました。

でも、天気予報は雨。

東京を出る前日にレンタカーを予約して、自動車での走りになりました。

 

今回は、「三陸海岸を行く」の1回目です。

今回は、下の地図の経路です。

 青い○で示したポイントを掲載しています。

f:id:BullBull-Musao:20201020204320j:plain

 

 

 

三陸

 

まずは、三陸リアス鉄道の「三陸駅」からの海岸です。

 場所はここですね。

f:id:BullBull-Musao:20201020170437j:plain

f:id:BullBull-Musao:20201020212108j:plain


 

三陸駅から海岸を望みます。

f:id:BullBull-Musao:20201020171544j:plain

 

海岸沿いに行くと大きな堤防が迫ってきました。

河口には巨大な堰があります。

f:id:BullBull-Musao:20201020171958j:plain

 

堤防を登って見ました。

f:id:BullBull-Musao:20201020172044j:plain

 

 堤防の上に立つと堤防に守られるように事務所か工場がありました。

f:id:BullBull-Musao:20201020172130j:plain

 

河口の堰です。

f:id:BullBull-Musao:20201020172217j:plain

 

海岸側は下のような姿になってます。

f:id:BullBull-Musao:20201020172412j:plain

f:id:BullBull-Musao:20201020172310j:plain 

f:id:BullBull-Musao:20201020170537j:plain

 

 

恋し浜駅

 

次は「恋し浜駅」に行きました。

 リアス式海岸を形作る、谷がそのまま海に入り込んでいます。

恋し浜駅は、トンネルとトンネルのわずかな間に作られた駅です。

駅は盛土の上にありました。

f:id:BullBull-Musao:20201020212633j:plain

 

恋し浜駅から海側を望みます。 

f:id:BullBull-Musao:20201020185105j:image

 

三陸リアス鉄道の電車を記念に写真におさめなければ。

釜石方面から大船渡方面(盛駅方面)の電車が来ました。

トンネルの中から姿を現しました。


f:id:BullBull-Musao:20201020185602j:image

f:id:BullBull-Musao:20201020185246j:image

f:id:BullBull-Musao:20201020185205j:image

2輌編成のワンマンカーです。

f:id:BullBull-Musao:20201020185421j:image


f:id:BullBull-Musao:20201020185511j:image

f:id:BullBull-Musao:20201020185515j:image



小さな漁港

大船渡市赤崎町清水と思われる小さな漁港。

ここにも大きな堤防が築かれていました。 

f:id:BullBull-Musao:20201020213841j:plain

 

 自動車を走らせていると、大きな壁が現れました。

f:id:BullBull-Musao:20201020214559j:plain

 

堤防を越えて漁港です。

f:id:BullBull-Musao:20201020215742j:plain

f:id:BullBull-Musao:20201020214859j:plain

f:id:BullBull-Musao:20201020215030j:plain


漁港から車に戻ろうとすると、海側からも鉄筋コンクリートの壁。

f:id:BullBull-Musao:20201020215637j:plain

f:id:BullBull-Musao:20201020215334j:plain

 

大船渡の工場への引込み線

大船渡湾の中に進んで行くと、引込み線の終点があります。

これはセメント工場への引込み線だと思います。

f:id:BullBull-Musao:20201020220131j:image

f:id:BullBull-Musao:20201020220235j:image

 

何故か、こういうの好きです。
f:id:BullBull-Musao:20201020220241j:image
f:id:BullBull-Musao:20201020220246j:image

 

下の地図は、JR、三陸鉄道リアス線、大船渡線BRTと引込み線を書込みました。

盛駅から分岐しているのが分かります。

f:id:BullBull-Musao:20201020222232j:plain

 

 下の写真がBRTの駅です。

2011年の東北地方太平洋沖地震により、JR大船渡線が大きな被害を受けました。

線路の被害だけでなく、駅や橋脚の流失も幾つもあったようです。

気仙沼盛駅間は鉄道の復旧ではなく、専用線を走るBRTによる復興となりました。

線路は無く、専用レーンをバスが走っているのです。

バスは、駅ですれ違えるようになってます。

信号も付いてますよ。

f:id:BullBull-Musao:20201020223820j:plain


自然の脅威に必死に抗う人間の姿がありました。

 

ということで、今回はここまでと言う事で。 

最後まで、お付き合い頂きありがとうございました。

 

訪問日:2020年10月8日(木)

このWebページで使用している地図は、国土地理院地理空間情報ライブラリーからの地理院地図を加工したものである。なお、以下の承認も受けている。

この地図は国土地理院長の承認を得て、同院発行の地理院タイル(数値地図2500(土地条件))、地理院タイル(数値地図5000(土地利用))及び地理院タイル(土地利用図)を複製したものである。(承認番号 令元情複、第197号)